様々なレイアウトで画像を表示するプラグイン「Robo Gallery」

自分のサイトでは画像が多くなると、サムネイル式のスライドなどで対応してきましたが、多くなるとわかりずらいので一度に表示できる方法がないか検討しました。

「Robo Gallery」はCSSを使わずとも多彩な方法で写真や画像を表示できます。

RoboSoftのサイトでDEMOが用意されてますので、参考にしてください。

無料版は、3枚しかページが作れないのでそれ以上はPro版が必要です。

RoboGalleyの設定方法

インストール後、有効化すると、Robo Galleyのメニューがダッシュボードに追加されます。

新規作成

「Add Galley/Images」をクリックし追加する画像を選びます。

 

ギャラリーにしたい写真を選択すると、キャプション(または説明)を入れたり、動画へのリンクなどを設定することができます。

タイトルとキャッシュの選択

Galley Size Option

ギャリーの大きさの設定

Thumbs View Options

サムネイル画像の表示方法

Hover View Option

Pro版のみ設定できます。

Hover Option

サムネイルにマウスONの場合の設定

Menu Option

メニューの文字の装飾や色、大きさを設定できます。

Loading Option

画像読み込み時の設定。特徴的な視覚効果を発揮します。

Polaroid Style Option

画像に説明をつけることができます。

Lightbox Option

画像を選択した時の表示方法の設定

まとめ

かなり細かく設定できますが、デフォルトでも美しいレイアウトでグリット表示してくれます。

さらに設定することで、マウスオーバー時にアイコンや色をカスタマイズできます。

オリジリティのあふれるギャラリーを作ってみませんか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です